カラコンのベースカーブって何?

カラコンは若い女性がつけるものという考えはとても古い!
今やカラコンは若い年代の女性のみならず大人の女性はたまた
男性も使用しているのですから驚きですね!
そんなカラコンを使用している人は、みなさんご存知だとは思いますが、カラコン、コンタクトレンズにはベースカーブがあります。

 

ベースカーブとは、カラコンの湾曲度合いのことをいいます。
カラコンを使ったことのある人でもベースカーブの意味まで
きちんと把握してしない人もいるでしょう。
そんな人の為にベースカーブについて詳しくご紹介したいと思います!

 

ベースカーブは日本語で言うと「曲率半径」といいます。
言葉にすると難しいですが、レンズの半径の数値と考えて頂けたら
いいと思います。
度なし、度ありともにベースカーブは必要なデータになります。
基本、商品説明欄にはBCと記載されています。ベースカーブの略ですね。
大半のカラコンはBC8.7で販売されています。

 

カラコンは全てソフトコンタクトレンズなので
±0.2の違いであれば違和感なく使用できます。
ベースカーブは数値が大きければ大きいほど
カーブがゆるく数値が小さいほどカーブがきつくなります。
自分のベースカーブに対して大きいとカラコンがずれてしまう原因になります。
カラコンがずれると視界が悪くなるのでカラコンを普段使いする人は
快適な生活を送る事ができませんね!
逆にカーブがきついと、目が痛くなったりすることもあります。
ひどい時は、角膜に傷がつくこともあるので要注意です!

 

これはあくまでも一例ですが、ベースカーブが8.7 の人が
8.3のカラコンをつけた時、かなり目に痛みを感じたようです。
あまりにもベースカーブに差があると快適にカラコンを
使用できなくなるようなので自分のベースカーブは必ず確認しておきましょう。
ベースカーブは眼科で簡単に調べることができます。
機械なので時間もかかりません。

 

ベースカーブは度数と違い、変わることがないので
一度調べると再度行く必要はなくなります。
とはいえ、定期的に目の検査をすることは、
大切なので半年に一度は眼科を受診しましょう!
度数も年々低下する事もあるので、度ありカラコンを
使用する人は検査を忘れずに。

 

以上がベースカーブの説明です。
カラコンユーザーでも知らないことは多々あったのではないでしょうか?
カラコンは瞳にいれるものなので、いくら簡単に手に入るとはいえ
安易に扱ってはいけません。
商品には必ず使い方が書かれています。
正しい使い方を頭入れて長く愛用できるといいですね。